連結納税制度との違い等グループ税制の位置付け・適用時期と事業年度との関係を確認

 来年度の法人税改正の目玉となる資本関係取引等に関する税制では、特に、新設される「グループ法人税制」に注目が集まっている。

 しかし、新設の制度が強制適用されるということで、自社グループにどの程度いつから影響が生じるのか測りかねる向きも多いようだ。

 そこで、同じように企業グループに係る税制である連結納税制度との違いや、適用時期の考え方について、新たに取材・確認した事項も交えて整理した。