IASB リースの新基準IFRS16号を公表

 国際会計基準審議会(IASB)は1月13日、IFRS第16号「リース」を公表した。現在適用されているIAS第17号に替わり、リース会計の新たな基準となるものである。IFRS第16号によると、借手は、すべてのリースを資産および負債として認識する必要がある。適用は2019年1月1日以後開始する事業年度から。IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」と併せて適用する会社に対しては、早期適用が認められる。