【確定申告書の作成例も解説】Webセミナー「金融商品の税金と平成28年分所得税の確定申告」をリリース!

平成28年1月1日から、公社債、公社債投資信託をはじめ、個人にかかる金融・証券税制が大きく変わりました。本セミナーでは、改正後の金融・証券税制について新旧の変更点の説明も交えながら解説いたします。

また、海外金融資産を取引した場合にかかわってくる為替差損益、日本国内の金融業者を通さずに直接海外の金融業者と取引した場合の課税関係、外国親会社から受け取るストック・オプション、リストリクテッド・ストック等株式報酬の課税関係についても解説いたします。

さらに、為替差損益、FX、外国税額控除、国外不動産所得など確定申告書の作成に当たり迷うことが多い事項については、作成上の注意点及び記載例も交えて説明いたします。


■金融商品の税金と平成28年分所得税の確定申告 ~平成28年1月1日からの個人にかかる金融・証券税制の改正を踏まえて~

講師:税理士 阿部行輝

★平成28年から大きく変わった金融・証券税制が見やすい表で理解できます!
★公社債・投資信託・外国証券に係る課税関係が見やすい表で理解できます!
★直接海外の金融業者と取引したときの課税関係が分かります!
★為替差損益、国外賃貸不動産等の課税、申告の仕方について説明します!

詳細・ご購入は税研実務セミナーから


その他にも多数のセミナーを配信しております。現在配信中のWebセミナーはこちらをご覧ください。