排出枠取引テーマに検討開始

 企業会計基準委員会(ASBJ)は1月16日、「第7回排出権取引専門委員会」を開催した。ASBJでは排出権(クレジット)取引に関する実務対応報告第15号「排出量取引の会計処理に関する当面の取扱い」をすでに公表しているが、2008年10月に「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」が始まっており、これに対応する。実務対応報告第15号の対象外だった「企業に排出枠が交付された場合」の会計処理等を検討する。