東京地裁 令和4年最高裁判決後初めてとなる総則6項巡る事件で国側が敗訴

東京地裁は1月18日、非上場株式の相続税評価に係る総則6項の適用を巡る事件で、国の更正処分及び過少申告加算税の賦課決定処分をいずれも取り消した。不動産に係る総則6項の適用を巡る令和4年4月19日の最高裁判決( №3701 )以降初の判決では、適用解釈が示された。税務訴訟において総則6項の適用を認めなかった事件は初めてとみられる(4頁)。

  • PRESSLINKS230921

  • 企業懇話会 リニューアル

  • 通信DB インボイス制度関連記事特集

  • 官公庁公表資料リンク集

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度(11/30まで掲載)

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン