改正生命保険支払調書制度 相続・贈与の申告漏れ把握も容易に

27年度改正で行われた「生命保険契約等の一時金の支払調書制度の改正」の適用が1月から始まった。今後は契約者の変更があった場合、①その契約者の変更前の契約者氏名等、②契約に係る現契約者が払い込んだ保険料又は掛金の額、③その契約に係る契約者の変更の回数、この3つの事項について支払調書に記載することになる。国税当局は相続・贈与の申告漏れについて容易に把握できることになる。