ASBJ 信託法改正に伴う会計の取扱い検討

 企業会計基準委員会(ASBJ)は現在、「特別目的会社・信託専門委員会」において、信託に関する会計上の取扱いの検討を開始している。

 昨年12月に信託法が改正されたことを受けたもので、新たな信託法制の下で最低限必要な会計問題を解決することを目的とする。会計上の主な論点は、受益者の連結の範囲や改正信託法で明示された新たな信託の類型への対応など。

 これまでに開催された専門委員会では、論点の整理と今後の検討の方向性について審議が行われており、今後、具体的な検討が進められていく予定。