ASBJ 特別目的会社の開示に関する指針案を公表

企業会計基準委員会(ASBJ)は1月26日、「一定の特別目的会社の開示に関する適用指針(案)」を公表した。

 特別目的会社を利用した取引が急拡大するとともに複雑化・多様化している状況下、連結情報の開示充実を図るのが目的だ。子会社の範囲に含まれない特別会社のうち一定のものについて、当該特別目的会社を利用した取引の概要や取引金額のなどの注記を求める。

 平成19年4月1日以後開始する連結会計年度から適用することとし、早期適用も認める方針だ。