ASBJ 収益認識・意見募集文案を公表議決

 企業会計基準委員会(ASBJ)は1月27日、第328回本委員会を開催した。当日は「収益認識に関する包括的な会計基準の開発」に向けた意見募集のための文案の内容を確認、委員全員の賛成によりその公表を議決した。同文案は収益認識専門委員会が検討してきたもので、「交渉の経緯及び質問事項等」と「IFRS15号に関して予備的に識別している適用上の課題」、「IFRS15号の概要」の3部(全文約120頁)から成る。公表後、5月末まで意見募集を行い、集まったコメントを踏まえて基準の開発を進める予定だ。