国税庁 6月実施の定額減税パンフレットで給与担当者の早期準備に対応

国税庁は1月30日、定額減税特設サイトを開設し、パンフレット「給与等の源泉徴収事務に係る令和6年分所得税の定額減税のしかた」を公表した。国税の令和6年度税制改正法案が今国会で成立・施行された場合には、令和6年6月1日以後最初に支払う給与等から定額減税が実施される( №3787 等)。給与担当者が定額減税の源泉徴収事務を早期に準備できるよう、平成10年に実施された特別減税と同様に(№2510)、源泉徴収事務で不可欠な情報を前倒しする形で提供している。定額減税の事務に係る手順や、各従業員の控除額を管理できる「各人別控除事績簿」が示されるなど、給与担当者にとって重要な内容といえる。総務省も1月29日、自治体向けに個人住民税に係るQ&A集を公表した(2頁、5頁、資料56頁)。

(2頁へ)

(5頁へ)

(資料56頁へ)

  • PRESSLINKS230921

  • 企業懇話会 リニューアル

  • 通信DB インボイス制度関連記事特集

  • 官公庁公表資料リンク集

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度(11/30まで掲載)

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン