ASBJ 連結納税制度見直し対応で税効果会計の特例を検討

企業会計基準委員会(ASBJ)は、令和2年度税制改正で連結納税制度の抜本改正が行われ、2022(令和4)年から新制度に移行することを踏まえ、2020年3月期における税効果会計の取扱いを議論している。3月決算において改正税法に基づく税効果会計の適用が必要となる見込みだが、政省令の全容が明らかになっていないため、実務上の措置として、連結納税制度を適用している法人には旧法に基づく税効果会計の適用を特例的に認める方向で議論が行われている。

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン