開示の新潮流は「戦略」~IASBでは企業結合の戦略達成度の開示を議論

近年、「戦略」や「戦略管理に関する指標や目標」に関連する項目の開示に焦点が当たることが増えてきた。「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)最終報告書」(2017年6月)やダボス会議の報告書「持続可能な価値創造のための共通した測定基準と一貫した報告に向けて」(本年1月)等での提言がその一例だ。こうした中、国際会計基準審議会(IASB)でも「のれんおよび減損」プロジェクトにおいて、「戦略」等に関する開示について議論が行われている。