金融庁・東証 改訂CGコードへの対応状況を確認

金融庁は1月28日、金融庁と東京証券取引所を共同事務局とする「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」を開催した。議題は、2018年に改訂されたコーポレートガバナンス・コード(CGコード)に基づく企業の取組み。東証が集計した改訂CGコードへの対応状況(2018年12月末日時点)の速報版等をもとに、政策保有株式の縮減への取組みに関する記載や資本コストを意識した経営等、改訂または新設された原則への対応状況などが報告された。