ASBJ 減損適用指針等を一部改正へ

企業会計基準委員会(ASBJ)は1月24日、第97回企業結合専門委員会を開催した。今回の議題は、「子会社株式および関連会社株式の減損とのれんの減損の関係」。日本公認会計士協会(JICPA)の会計制度委員会報告第7号「連結財務諸表における資本連結手続に関する実務指針」第32項について、経団連などから「必ずしものれんの減損の認識が必要ない場合にも、減損の認識をせざるを得ない実態を生じさせている」との指摘を受け、同規定の削除をJICPAに依頼する方向で検討が進んでいる。