改正退職給付基準の適用日を検討

 企業会計基準委員会は1月30日、第71回退職給付専門委員会を開催した。「退職給付(ステップ1)」の審議が再開したことを受けて、専門委員会での審議も再開した。本委員会で示された検討の方向性を確認したほか、適用日について審議を行った。事務局から提案されたのは、公開草案から2年延期するもの。未認識項目の負債計上は、平成25年4月1日以後開始する事業年度の年度末からの適用が提案された。