4月期以降の割引率の開示状況

「3月期決算会社の実務に間に合わせるため」として、ASBJは昨年秋頃からマイナス金利を巡る実務対応の審議を急いできた。

今年1月27日には「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い」(案)を公表し、コメント募集期間を短めに設定して3月中の完成を目指している。

同実務対応報告案の公表は、第353回本委員会において出席委全員の賛成により議決されたものの、さまざまな点で賛否が割れた意見をまとめるための調整が図られた。