過大役員給与を巡る事件 中古車輸出業の納税者敗訴-東京地裁

東京地裁は1月30日,過大役員給与の該当性を巡り争われた事件で,原告である納税者の請求を棄却した。原告は中古自動車の輸出を主たる事業とする法人。判決では,代表者の給与について,同業類似法人の役員給与の「最高額」を超える部分が過大と判断している。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン