住宅取得資金贈与の特例 取引状況で非課税限度額が異なる

「住宅取得資金贈与の特例」は,令和3年12月31日までに住宅購入の対価に充てるため,両親や祖父母からの資金提供を受けた場合で、一定の要件を満たすときに限度額まで贈与税が非課税となる制度。不動産会社等からの購入と,個人間での売買では非課税限度額は異なってくる。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン