監査等委員会設置会社、アンリツなど2社が移行

 新たな統治形態の企業が誕生する。バイテックは1月28日、アンリツは同29日に、「監査等委員会設置会社」に移行する方針を公表した。移行理由は、監査・監督機能の強化など。ともに3月決算会社であり、本年6月開催の定時株主総会で承認を得る見込みだ。監査等委員会設置会社とは、本年5月1日施行の改正会社法で導入された新たな企業統治形態。監査役(会)設置会社や指名委員会等設置会社と並ぶ、第3の選択肢として注目されている。