120年ぶりとなる債権法改正を20テーマで解説!【税務QA-2020年2月号】

改正債権法の施行が目前に迫ったいま、ビジネスと税務の双方に接している読者の方へ向けて、ここだけは押さえておきたいテーマに絞ってその概要・ポイントを確認します。

月刊税務QA 資料請求はこちらから 


税務QA2020年2月号

⇒〔最新号の特集〕
税理士も知っておきたい改正民法(債権法)
~施行直前!その概要を押さえる20講~

⇒〔最新号の連載〕
■短期集中連載 複数税率制度での消費税確定申告
第2回 個人事業者の確定申告書作成上の留意点
■税金裁判の動向【今月のポイント】
第204回 差押処分時に判明していなかった新たな事情に基づく不当性判断
■民法改正(相続編)による税務への影響
第4回 「配偶者居住権・配偶者短期居住権」について(前編)
■実務家のための民事信託
第12回 民事信託契約書の条文例と作成ポイント(その2)
■若手職員ファイナンスを学ぶ
第4回 キャッシュをどう生み出すか?

⇒〔最新号のSelection Q&A〕
第一線の執筆陣が、実務上重要で汎用性の高い事例を取り上げます。
CASE1 第二会社方式による事業再生の税務上の取扱い
CASE2 換価分割・代償分割により取得した不動産を譲渡した場合の譲渡所得課税
CASE3 販売経路(商流)の変更に伴う無形資産の取扱い

⇒〔最新号のFAQ〕
実務上、すぐに役立つ税制上の知識や取扱い方について、税目別にワンポイント解説します。
【消費税】区分記載請求書等保存方式(その1)
【所得税(譲渡所得)】特定事業用資産の買換えー2(既成市街地等の内から外への買換え(1号))
ほか


税務QAとは?
ほぼ全編Q&Aの形式で、実務上重要な事例から初心者向けの基本的な事項まで幅広い内容を取り上げる月刊誌。解説に図表等を織り込み、見開き中心の見やすい誌面構成には定評があります。

詳しくはこちら