IASB 概念フレームワークの改訂を優先

企業会計基準委員会は2月6日、第259回本委員会を開催し、国際会計基準審議会から公表された「フィードバック・ステートメント:アジェンダ・コンサルテーション2011」の内容と今後の対応に関する審議を行った。IASBは今後の基準開発に関し、既公表基準の維持管理に重点を置くこと、また、概念フレームワークの改訂を優先する方針を示している。概念フレームワークの検討内容には、純利益や公正価値測定の範囲なども含まれることから、今後どのように意見発信していくかが課題となっている。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン