JICPA AIやRPA等を活用した次世代監査の展望と課題示す

日本公認会計士協会(JICPA)は1月31日、IT委員会研究報告第52号「次世代の監査への展望と課題」を公表した。研究報告は、2030年頃の次世代の監査の在り方を展望するとともに、想定される諸問題をまとめたもの。具体的には、最近のIT技術の進化を考慮し、RPAやブロックチェーン、AI等について、監査への活用方法や問題点等を挙げている。