改正税効果基準 12月決算の早期適用事例

企業会計基準委員会(ASBJ)が2018年2月に公表した「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等(改正税効果基準)が、2018年4月1日以後開始事業年度から適用されている。改正税効果基準は早期適用(2018年3月31日以後終了する連結会計年度および事業年度から)も認められており、12月決算会社においては、2018年12月期末からの早期適用が可能である(強制適用は2019年12月期首から)。そこで本誌が2018年12月期の決算短信(2019年1月1日〜2月12日公表分)を調査したところ、改正税効果基準を早期適用した旨を記載した会社が複数あった。