監査役協 会社法に対応し監査役監査基準を改定

 (社)日本監査役協会は2月6日、3年ぶりに改定を行った「監査役監査基準」を公表した(同日から適用)。

 同基準は、監査役監査にあたっての具体的行動指針などを定めたもので、会社法等の施行と、近年の監査役を取り巻く環境の変化に対応した改定が行われた。「内部統制システムに関する監査規定」の充実が図られているほか、「会計監査人の報酬等に対する同意権への対応規定」などが新設されている。

 また、同基準とは別に『内部統制システム監査の実施基準』が策定され、3月中旬頃に公開草案が公表される予定だ。