売上税額計算特例に係る「主として」を確認

 軽減税率制度導入後の一定期間、売上の一定割合を軽減税率対象品目の売上として税額計算できる『売上税額の計算の特例』が設けられている。3種類の計算方法があるなかで、一定割合を50%とする方法を適用できる要件等を確認した。