ASBJ 評価性引当額の内訳の開示方法で2案

 企業会計基準委員会(ASBJ)は2月10日、第329回本委員会を開催し、税効果会計に関する開示項目の拡充について議論した。専門委員会の審議を踏まえ、「評価性引当額の内訳」の開示について検討。開示方法として事務局は、将来減算一時差異の主な項目ごとに詳細に開示する「案1」と、繰越欠損金を将来減算一時差異の2項目を開示する「案2」の2つの方法を提案している。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン