家屋の固定資産税 減点補正適用の現状を取材

固定資産税における家屋の評価額は、評価時点の建築費用(再建築費評点数)を基に算出される。その後、家屋の減耗度合で減額され、必要に応じて、家屋の需給事情で更なる減額が行われる。

この需給事情の減点補正について、訴訟にまで発展するケースも珍しくない。そこで、家屋の減点補正の適用を巡る争いの現状を取材した。