金融庁 改正企業結合基準対応で財規等改正へ

金融庁は2月18日、財務諸表等規則等の改正案を公表した。企業会計基準委員会(ASBJ)が1月16日付けで改正した企業結合会計基準等への対応を図るもの。改正企業結合会計基準では、条件付取得対価の処理に関して、対価の一部の返還を受ける場合でも、追加的に交付または引渡しを行う場合と基本的に同様に処理することが示された。当該改正に沿う形で、財規および連結財規における注記規定を見直す。3月19日まで意見募集を行う。