家なき子特例 経過措置の期限迫る

小規模宅地等特例の,いわゆる家なき子について,30年度改正で「相続開始前3年以内に親族関係が所有する家屋に居住したことがない」などの基準が追加されている。厳格化の見直しであることから,同時に激変緩和の経過措置が設けられた。ただ,その期限が直前に迫っている。

  • ZEIKEN LINKS210720

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン