IFRS任意適用、のれん減損で利益減も

 IFRSは日本基準と異なり、のれんは償却せず毎期減損テストを行う。そのためIFRS移行によって黒字転換した企業もあった(3152号参照)。これに対し、非償却による利益押し上げ以上に、減損による損失が上回るケースもあった。