移転価格課税事件で国勝訴・ALPの算定の取引単位等で争い-東京地裁

東京地裁は2月28日,移転価格税制の適用を巡る事件で原告である法人の請求を棄却した。問題となったのは原告の台湾子会社との国外関連取引。複数のライセンス取引などに係る独立企業間価格(ALP)の算定について,個別のライセンス取引によるのか,それともライセンス取引全体を1つの単位としてみるのか争われた。さらにALPの算定方法の相当性が争点の1つとなっている。

  • ZEIKEN LINKS210720

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン