国税庁、改訂「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のため報告制度(FAQ)」を公表

国税庁はこのほど、「非居住者に係る金融口座情報の自動的交換のため報告制度(FAQ)」(改訂)(※国税庁HPへのリンク)を公表しました。  

本制度は、外国の金融機関等を利用した国際的な脱税及び租税回避に対処するため、OECDより公表された「共通報告基準」に基づき、非居住者に係る金融口座情報を税務当局間で自動的に交換するものです。

日本においても、この基準に基づき情報交換をするため、平成27年度改正により所要の整備が行われました。具体的には、平成29年1月1日以後、新たに金融機関等に口座開設等を行う者等は、金融機関等へ居住地国名等を記載した届出書の提出が求められるなどがあります。  
 
今般の改訂版では、この金融機関等へ居住地国名等を記載した届出書の提出に係る手続き等についてFAQの追加や一部改正が行われています(Q7、8、9など)。

提供元:kokusaizeimu.com