自民金融調査・会計小委 「木を見て森を見ず」の監査技術にも疑問

 自民党は2月26日、金融調査会・企業会計に関する小委員会の合同会議を開催した。東芝の不正会計事件以降、同会議では会計審査を巡る諸状況を確認している。当日は「会計監査に関する有識者ヒアリング」として、引頭麻実・大和総研常務執行役員と清原健・弁護士から話を聞いた。引頭氏は、企業の会計不正について「監査基準の変更だけでは防げない」とし、「基準の内容が監査に反映されているかどうかの実装度合」や「“木をみて森を見ず”になっている現行の監査技術」などの問題点を指摘したようだ。