リース会計基準、例外処理の重要性判定に留意

 この3月期にも新たに適用された会計基準は多い。注目された「リース会計基準」の適用では、ファイナンスリース取引で、簡便な方法である例外処理が認められるかどうか「重要性の判断基準」を巡る問題が指摘されている。これまで「重要性が乏しい」と思い込んでいた判定が変わるとしたら――。対応策など留意点をまとめた。