返品調整引当金制度 収益認識基準適用企業に対する経過措置も盛り込まれる予定

30年度改正では、収益の認識等に係る措置の一環で、返品調整引当金制度を廃止することとした。廃止に伴い、一定期間において一定額の引当金繰入額の損金算入を認める経過措置が設けられる。この経過措置は、収益認識会計基準の適用企業にも配慮した内容となるようだ。