19年9月中間 減価償却方法の変更は例年の倍に

 平成19年9月中間決算において、減価償却方法を変更した上場会社は29社にのぼり、例年の倍に及ぶことが、本誌の調べで明らかとなった。理由として、19年度税制改正により税務上の減価償却方法が大幅に見直されたことが考えられる。29社の変更の内訳は、26社が定率法から定額法へ、3社が定額法から定率法であった。