有報等提出遅延による上場廃止 過去5年で4社

取引所が定める上場廃止要件の一つに、有価証券報告書等の提出遅延がある。本誌の調査では、東京証券取引所で過去5年(2013年から2018年2月)内に有報等の提出遅延を理由として上場廃止となった会社は4社あった。いずれも過年度の会計処理に疑義が生じて、当該疑義への調査・対応が長期化したことなどが提出遅延の主な原因となっていた。