ASBJ 「ゼロ」と「マイナス」、3月期はいずれも可

 企業会計基準委員会(ASBJ)は3月9日、第331回本委員会を開催した。緊急議題として「マイナス金利に関する会計上の論点」を取り上げ、3月決算会社における対応を検討した。マイナス金利について事務局は「給付債務計算における割引率」と「金利スワップ(特例処理)」の2つを検討項目として提示。当日は前者を扱った。企業側には「マイナスのまま用いるか、ゼロで止めるか」の判断に戸惑いがある。事務局はすぐに「見解を示すのは困難」とし、今3月期はどちらの方法も「妨げられない」とした。