自民党 監査巡る議論、自民と金融庁監査懇が提言

 自民党は3月8日、金融調査会・企業会計に関する小委員会の合同決議を開催した。東芝の不正会計事件を受けて同会議はこれまでに3回会合を開き、会計監査を巡る状況について議論してきた。当日は「品質の高い会計監査の確立に向けて」として、監査法人の問題や株主に対する情報提供などの改革の方向性を示す提言をとりまとめた。また同日、金融庁の監査の在り方に関する懇談会も4回目を開催し、取りまとめた提言を公表した。