ASBJ 税効果の見直し文案、意見割れる

 ASBJは3月4日、第16回税効果会計専門委員会を開催した。前回に引き続き、「繰延税金資産の回収可能性に関する判断指針(案)」を審議した。今回は5つの会社分類のうち、主に「分類2」の文案を検討。文案では、監査委員会報告第66号の「経常的な利益」という要件を、「臨時的な原因により生じたものを除いた課税所得が安定的に生じている」ことへと変更している。この点、66号を踏襲し「利益」に戻すべきという意見と、文案通りで良いとする意見とで2つに割れた。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン