金融庁 オリンパス事件受け、課徴金制度見直しへ

 金融庁は3月9日、「金融商品取引法等の一部を改正する法律案」を第180回国会に提出した。オリンパス事件を受け、課徴金制度を見直し、規制を強化する。主な見直し点はの3つ。①虚偽開示書類の提出に加担する行為も課徴金の適用範囲とする②不公正取引者に対する出頭命令権限を追加③不公正取引に関する課徴金の対象拡大