ASBJ エンドースメントIFRS、のれんは20年内償却に修正か

 企業会計基準委員会(ASBJ)は、3月11日に第9回「IFRSエンドースメントに関する作業部会」および同12日に第283回本委員会を開催した。エンドースメントされたIFRSの設定議論において、のれんを「償却期間の上限を20年とする」、「毎年要求される減損テストもあわせて削除または修正する」案が提示された。