準大手・中小への交代が目立つ~監査人交代に関する調査(2)

上場会社の監査人交代に関する本誌調査の第2弾。本号では、「後任監査人の規模」と「一時会計監査人の選任」を取り上げる。監査人を大手法人、準大手法人、中小法人に分類すると、直近10年で最も多かったのは「大手から大手」の207件だった。しかし、「大手から準大手」が144件、「大手から中小」が199件あり、集計上は10年間の累計で大手法人は流出超過である。また、一時会計監査人の選任件数は累計108件で、中小法人を選任している事例が目立った。