名義変更前提の「低解約返戻金型逓増定期保険」に税務リスク

 保険商品のなかには、税務リスクを抱えているのにもかかわらず節税策を宣伝文句として販売しているものがある。

 現在は「低解約返戻金型逓増定期保険」なる節税商品が注目されているようだ。

この商品の特徴は契約開始から一定期間経過すると返戻率が格段にアップするもの。

 返戻率が激変する直前に、法人から個人へ契約者の名義変更(権利の移転)をする仕組み等を利用すれば、新たな契約者が保険商品で得られる利益に係る所得税額が、法人から給与として支払われる場合に比べて大幅に抑えることができるという。

 この保険商品の特徴と税務リスクを追った。