札幌地裁 札幌市が区分建物に異なる補正率の適用したことに関して争い

 札幌地方裁判所は1月28日、固定資産税の評価等に関する判決を下した。この事件は、札幌市が固定資産税額や都市計画税額の算定に関し、評価額の算出に係る「経年減点補正率」を、区分所有建物の住居部分と事務所部分で別の割合を適用したことへの是非等が争点となっていた。