ASBJ 金利スワップの特例処理、継続を容認

 企業会計基準委員会(ASBJ)は3月23日、第332回委員会を開催した。「退職給付債務の計算」と「金利スワップの特例処理」の2つが、マイナス金利に関する会計上の論点として緊急議題になっており、当日は後者の検討をした。ASBJは、3月決算会社に対して「これまで金利スワップの特例処理が適用されていたものについて、特例処理の適用を継続することは妨げられない」とし、前者での対応と同様に審議の議事録を24日に公表した。