ASBJ ESOP実務対応報告叩き台を提示

 企業会計基準委員会は3月27日、第43回実務対応専門委員会を開催した。現在、実務対応専門委員会ではいわゆる日本版ESOPの会計処理の開発を進めている。当日は、これまでの議論などを基に実務対応報告の叩き台(「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い(案―イメージ)」、以下、同案)を提示した。
  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン