金融庁 3月期有報作成上の留意事項を公表

金融庁は3月19日、2019年度の「有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について」を公表した。開示制度の留意すべき事項として、今年1月に施行された改正開示府令や、税効果会計に関する開示の拡充などを挙げている。この他、2019年3月期以降の有報レビューの重点テーマとして、関連当事者に関する開示や、ストック・オプションと日本版ESOPに関する会計処理および開示を挙げた。