少数株主との取引に関する取扱いを検討

 企業会計基準委員会は今年に入り、単体財務諸表へのコンバージェンスの検討のため審議が中断していたプロジェクトについて、順次審議を再開している。「退職給付(ステップ1)」の審議は概ね終了し、「企業結合(ステップ2)」に関する審議を本格化させている。4月5日に開催した第241回本委員会では、企業結合に係る論点として、少数株主持分の取扱いに関する審議を行った。現行処理を継続する方針であるのれん以外の論点に関しては、当初の計画通り改正を行いたい考え。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン