ASBJ 税効果会計の単体開示取扱いを検討

ASBJ(企業会計基準委員会)は4月6日、第50回税効果会計専門委員会を開催した。

審議を進めている税効果会計に関する開示拡充案について、単体財務諸表では、新たに開示が求められる予定の項目のうち一部を開示不要とする案が示された。開示の取扱いについては2019年3月期の適用を視野に入れているようだ。